カノンを迎えるにあたって

16年と3ヶ月ロッタと暮らした後は心にポッカリ穴が開きました。
家の中も広くなった気がしました。

別れが辛かったので、もう猫は二度と飼うまいと決めていました。
心置きなく外に出ることが出来るし、病気の心配、震災が起きた時の心配、
等々から解放されてとても楽でした。
第一飼わなければ泣くこともない。

しかし段々寂しくなりました。娘もしきりに「飼おう」と言います。
1年経とうとした頃に、ホームセンターのチラシにロッタ御用達の猫砂の広告が目に入りました。
これは1年に1度位しかバーゲンのない優れものです。
買いに行きました(笑)

そこから火が付いて・・・・
周囲に「黒猫欲しいわあ」ともらし始めました。
次も絶対黒猫と決めていました。

2.3候補はあったのだけどご縁がなくて、日にちが過ぎていきました。

ある日、兵庫県に住む友人からタウン誌「ぱど」に「黒猫貰ってください」の記事があると知らせてきました。
お見合いは先に友人が済ませてしまいました。
「可愛い」「人懐こい」と太鼓判を押してくれました。

その数日後、ボランティアのお二人が神戸から大阪の我が家へ連れてきてくださいました。
保護されていたお宅では「ハイジ」と名付けられて大事にされたようです。

最初ほんの少し緊張していました。
c0280322_12103224.jpg


しかしすぐに走り回って愛嬌をふりまきます。
娘にもご挨拶!
c0280322_12112257.jpg


もう返す訳にはいきません。
早速用意していたヤマト便で購入した段ボールで記念撮影?
c0280322_12141398.jpg



「カノン」と命名したのはこの3日後でした。
[PR]
Commented by halu at 2013-03-05 17:07 x
こんにちは!
猫は中毒になるって本当ですよね。
懐かしい~ヤマト便♪
ウチにもあったけど、辛くて引越しの時に捨ててしまいました・・・
カノンちゃんはハイジちゃんだったんですね(^^)
色んな縁が繋がってママさんチにやってきたカノンちゃん。
これからどんな悪さをしてくれるのか楽しみです^m^
お目目はもう治ったかな?
Commented by canomama at 2013-03-05 18:23
砂より先にこれ(段ボール)買ってましたね(笑)
やはり猫もご縁ですね。。

目はまだちょっと・・・。
Commented by may0529 at 2013-03-05 20:42
うんうん、わかります。
飼わなければって・・・・・。
でも、それ以上のものがあるんですよね。

とっさに砂を買ってしまうところから、カノンちゃんに出会うカウントされていたんですね♪

カノンちゃん、お目目早く良くなったらいいですね、
Commented by canomama at 2013-03-05 21:50
それとね、それとね・・・何を隠そうワタクシ63歳でしてね・・・カノンが15年生きたとして・・・
63+15=78!!!生きてるのかワタシ?(笑)
それも悩みました。
まあカノンと共白髪で頑張るってことで・・・。

目はもうちょっと様子みて病院かな?
by canomama | 2013-03-05 12:17 | カノン誕生 | Comments(4)