黒猫瓦版

canolotta.exblog.jp

先代ロッタに捧ぐ二代目カノンの物語

誤作動防止の・・・猫グッズ?

まだ食欲が落ちたままのカノンです。
注射がきつかったかな?
少し元気がありません。。
夏バテにはまだ早い!
c0280322_15312254.jpg

あの~冬用ネグラ・・・洗濯したとこなんですが・・・。
「フニャ!そやった?」
c0280322_15324069.jpg

「でも・・・おニャすみ~」
c0280322_15333872.jpg


携帯を変に触って電話をかけてしまう・・・
ということは過去数回あって^^;
それはそれで旧交を温めるということになって、
メデタシメデタシなのですが、
不覚にも深夜に親戚にしてしまって「何事!!??」となった時は
冷や汗が出ました。

それで?全面カバーするものを買いました^^
探しに探して・・・ありました!!
あるんですね~黒猫柄(^_-)
c0280322_15261282.jpg

前回の片面のものとはサヨウナラ~(かなり汚れています)
キーホルダーもさようなら~
c0280322_16571697.jpg

今日は母の日だそうで・・・
シモベからのプレゼント012.gif
キーホルダーです、ヘヘヘ^^;
c0280322_15343169.jpg

♪本日もお越し下さいましてありがとうございます♪




[PR]
Commented by pinochiko at 2016-05-09 06:58
カノンちゃん、心配ですねぇ。
効き目が強すぎたのでしょうか?こういう時、言葉が喋れたらいいのに、って思いますよね・・・。

電話周りは猫だらけですね!
私も猫柄のカバーが欲しいわぁ~。
Commented by wonderfuldays1956 at 2016-05-09 07:07
猫柄のスマホカバーはたくさんありますよ〜!
どれにするか迷うくらい^_^;
私も新しくしたいと思っていますが、たくさんあり過ぎて選べない(>_<)

カノンちゃん、心配ですね。
Commented by tarohanaazuki at 2016-05-09 08:37
まめはうちの子になった時からずーっと少食だからあまり気にして無いけど、少食なのはどこか悪いんだろうか?
11年も放ったらかしといて今更だけど心配になってきた(苦笑)
カノンちゃん、季節の変わり目だものね。

スマホカバー、私もちょっと考えたけど何だか私のキャラじゃ無いみたいでカバー無し!(笑)
私のイメージではスマホカバーをしてる人は女性らしい人というイメージなんだよ(笑)
Commented by canomama at 2016-05-09 09:30
★pinochikoさん
前回注射で嘔吐したりグッタリなったりしたので、
薬の成分1つ減らしてもらったのにね・・・。
難しい^^;
様子見て病院です。

ネットで見たらスマホカバーは星の数ほどある!!
もう疲れて(笑)結局コレに^^
Commented by canomama at 2016-05-09 09:35
★kumikoさん
ウン!いっぱいあった!!
疲れてしまって^^;
でも黒猫柄でらくらくホンとなると・・・これかな?

カノンは様子見て又病院かな?
これがストレスなのよね~。。。
Commented by canomama at 2016-05-09 09:40
★あずきのばあばちゃん
少食でも体維持してるから大丈夫って先生に言われたから・・
まめちゃんも大丈夫!!
しかしロッタとほぼ同じ体重なのに、
食べるのは半分以下。。どういうこと?^^;

アハ・・スマホカバーにキャラあるの?
じゃあストラップも付けないかな?
イメージからだと・・・私って女らしいのね(笑)
Commented by m-k7538itami at 2016-05-09 16:16
カノンちゃんかゆみ止めのお注射したのですね
アレルギーの場合は人でも原因が分かっても治すのが難しいですから猫さんは益々難しいですね

あっ、スマホは若しかして楽々フォンですか?そうであれば私はブルーです
私のスマホは感度が鈍くて間違うところまで行かない気がします
シッカリ、ゆっくり押さなければ送信できません・・・・
Commented by canomama at 2016-05-09 21:07
★クニさん
投薬だと徐々に効く感じだけど、注射だとやはりキツいですね。
前回も嘔吐して丸一日グッタリしてましたから。
それで完治は難しいのですね。。

スマホは同じみたいですね(^^)
私とっても気に入ってます!!
もしかしたら、私のは軽いタッチで作動する設定に
してるかも・・・^^;
by canomama | 2016-05-08 23:39 | 猫グッズ | Comments(8)

先代ロッタに捧ぐ二代目カノンの物語


by カノママ