黒猫瓦版

canolotta.exblog.jp

先代ロッタに捧ぐ二代目カノンの物語

不思議の世界

ようやく投稿出来ます!
exciteさんに問い合わせの返答に「Cookieの削除」というのがあって
それを実行したら回復しました。
何のことやら分かりません^^;
疲れました。

ご心配いただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m


おやすみニャさい!
c0280322_22464889.jpg


あ!今日は待望の「河内晩柑」初入荷です。
試食は明朝^^さてお味は・・・・?
これでご機嫌治しましょうか037.gif
c0280322_22410420.jpg

♪本日もお越し下さいましてありがとうございます♪




[PR]
Commented by pinochiko at 2017-03-23 06:20
祝・復活!
問い合わせてみて良かったですね〜。
ほんと、分からないことだらけです。でもcookieの削除ってのは、覚えておこうと思います!
Commented by やらいちょう at 2017-03-23 08:00 x
よかったですね!
やはり聞いてみるのが一番!
cookieってなんだかよくわからないですよねww
Commented by fariotyan at 2017-03-23 14:10
良かったです!!
私も覚えておきます(*^_^*)
河内晩柑がジューシでさわやかそうで
たまらなく美味しそう^^^^^
唾が出てきちゃった(笑)
Commented by angelami at 2017-03-23 14:29
cookie・・・よく見かけるけど、何ソレ(笑)
全然わかりません(p_-)
とにかく復活して良かったです。
セキュリティーも大事ですが、わからないことが多すぎますなぁ~
Commented by p-bluepaper at 2017-03-23 14:35
なんか怪しかったですね。
私は画像を全く受け付けてもらえませんでした。(昨日ね。)
西の方が柑橘類は種類豊富ですね。
小さいのから大きいのまで。
食べたくなるな・・・。
そうそう、「せとか」ってのをもらいました。
果汁がたっぷりでめちゃくちゃ美味しかったです。
Commented by canomama at 2017-03-23 16:54
★pinochikoさん
ありがとう♪
ログアウトに再起動とか何回もしてみたけど、
cookieの削除なんて訳ワカメ^^;
それで回復なんてどうしてそうなるの?って感じ。。。
Commented by canomama at 2017-03-23 16:59
★やらいちょうさん
ありがとうございます!
cookieの削除なんて私には全く分かりません。
パソコンの右上の三のような記号から入ります。
こんなことで回復出来るなんて余計に分かりません^^;
Commented by canomama at 2017-03-23 17:08
★ちゃおみままさん
ありがとう!
cookieの削除で即刻回復です。
どうなってるの(笑)
晩柑は毎年アップして販売促進に協力しています(笑)
好きなんですよ、これ(*^^*)
Commented by canomama at 2017-03-23 17:13
★yummyさん
ありがとう!
cookieって知ってたの?
私初めて!
それを削除したら復活なんて・・・分からない世界よね(笑)
もう疲れた^^;
Commented by canomama at 2017-03-23 17:20
★おかきさん
なんでこんなことになるの!ってイライラしました。
スムーズに進むのも凄い世界だけど、
不具合を生じてちょこっとイジると回復するって、
これも不思議。。。
柑橘類は美味しいよね~♪
この晩柑はグレープフルーツみたいに美味しいです(*^^*)
Commented by tarohanaazuki at 2017-03-23 22:50
cookieを削除してみてください。って、よく書いてるよね。
ナンジャソレ!だけど、覚えとかないといけないことなんだね(笑)
私もメールで問い合わせたら、昨日の明け方の数時間はエキサイトの不都合だったみたい。

久々に河内晩柑にお目にかかれて機嫌が直った?(笑)
Commented by canomama at 2017-03-23 23:25
★あずきのばあばちゃん
私はcookieを削除なんて初めての言葉!!
履歴が無くなるってのも気になったけど、
履歴なんてどうでもいいので実行してみたら
即刻解消してナンノコッチャだった^^;
なんか不具合多いよね。

アハ!丁度晩柑入荷でご機嫌上々(笑)
by canomama | 2017-03-22 22:47 | 雑感 | Comments(12)

先代ロッタに捧ぐ二代目カノンの物語


by カノママ