ロッタのご帰還

 昨日、ボランティアさんから連絡が入り迎えに行ってきました。

どうやらロッタは正常な子宮ではなく腹膜炎が原因で網膜と癒着があり、
大きく開腹したので傷は10㎝程あるようです。

その為一日入院してボランティアさん宅に戻り一日滞在後戻ってきました。

家に着いて放すと、大声で鳴きながら近所を走り回りました。
捕獲シーンが甦ったのかもしれません。
しばらく様子を見ていると・・・
家に戻って来て、用意していた缶詰を一缶ペロリと食べました。

その後も鳴いて鳴いて、家の周りをグルグルしました。
子猫を探していたのでしょうか・・・。

夜になるにつれて少しおとなしくなりました。
食欲があるので日に日に回復すると思われます。

さて、これからは我が家中心に地域猫として暮らしてもらいます。
元気で長生きして欲しいです。

家に迎えられなくてごめんね。。。
 

 余談ですが、隣のご主人が猫嫌いなので心配でした。
奥様と会った時、一連のいきさつを話したら
なんと!協力してくださるとのこと。
安心して餌やりも出来ます♪





★本日もお越しくださいましてありがとうございます★

[PR]
by canomama | 2018-10-05 13:40 | お友達猫